スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「結婚を前提の交際」と思ったときの婚活男女の知っておきたい心理

婚活中に交際中の男性より 「結婚を前提にお付き合いしたい」   


こういわれた婚活女子が思うことは、2通り
①良かった!

②私、まだこの人のことそんなに知らないし、私も言いたいことを言えていない(猫かぶってる・・・)こんな状態で結婚???

かなり極端ですが、ほぼ7割くらいは、②


そうなるとどうなるか・・・・  ご縁談を前に勧めることが怖くなり、相談所に相談をしてくれる会員はいいのですが、一人で頑張っていると、
交際を止めてしまうという極端な選択をしてしまうことになります。



うちの会員の場合、「どうしましょう・・・・」戸惑いの電話やメールがきます。

こんな時は、まずは「よろしくお願いします!」といって、猫の仮面をおろしてください。
素の自分をだしてみてください。

といって、これは、わがままし放題という訳ではなく、
今まで、自分の心の中にしまっていた自分の声をお相手に伝えてください。


結婚式は、どこでする?僕は、友達にたくさん来てらって、賑やかに楽しみたいな。

この時に、心の中で
「ぞんなことより、生活のこと、将来のこと、そうそうどこに住むの?それが決まってからの話だわ・・・・」と思いつつ、

口では、
「そうだね、楽しい方がいいよね」なんて言っていた<自分の仮面を下ろす>ことです。


<自分の不安>を、<自分がこんな風に考えている>ことを、きちんと相手に伝えることが必要になるのです。
そして、それをお相手を共有してください。これは、夫婦になる二人にとってとても大切なことなのです。

実はこの作業をしないと、だれとも「結婚」ってものに辿り着かないのです。
たとえ、結婚式にお話しが進んだとしても、どこか不安を抱えたままで、。。。。「こんなはずじゃなかった」・・・・なんてなると大変!です。

そんなことにならないために、
「結婚を前提に」と言われたら、
まずは、仮面を下ろす覚悟を決めてください。

そして、婚活男子は、この不安な気持ちを一緒に受け止めてあげてほしいです。

<確かな実績で>
成婚率が高いのには、理由があります。それは、会員の方へのサポート方法のちがい。  70%超(結婚会員/退会会員)を10年間継続中。

資料請求
無料相談会

<確かな良縁をお世話します>
マリッジマネジメントセンターは、法律を守って運営する安全な結婚相談所であることの証 マル適マーク取得の事務所
092801(3)-マリッジマネジメントセンター様-1mcsa_160w2.jpg

代表 自念真千子(じねんまちこ)
加盟協会
〇IBJ(業界最大手)  〇JMN(成婚ネット)  〇仲人ネットコム(メンバーズネット) 〇日本仲人連盟(NNR)  〇JBA  
〇喜びの会等 仲人とのコラボ>
一般社団法人産業カウンセラー協会認定 キャリア(産業)カウンセラー  
一般社団法人 結婚相談業サポート協会認定 結婚カウンセラー ・ ライフデザインカウンセラー 取得


神戸新聞 マイベストプロ 兵庫の専門家でコラム書いてます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マリッジマネジメントセンター 自念(じねん)

Author:マリッジマネジメントセンター 自念(じねん)
神戸で15年 単なる結婚相手の紹介だけでなく会員の幸せな家庭生活をサポート。成婚率は、70%超え(総退会数/結婚退会会員数)
人生を一緒に歩こうと決めたその日からの必要なステップを個別にコンサルいたします。

神戸市中央区江戸町101 三共生興スカイビル208
電話 078-327-5537

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

じねんのつぶやき
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。