スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お見合して3か月・・・どんどん話が進んでいくことにちょっと自分がおいていかれている感じ」

婚活をスタートして1年、彼女に「結婚」を意識すれる男性と出会いました。

当初は、とても楽しそうで幸せそうでした。
「いつも気を遣ってもらっている感じがするし、何より大切にされている感があります。
この人となら結婚を考えられるかな、
そんな風に思える人とやっと出会えたかも」


そんな幸せメールを送ってくれていた彼女が、ふと、「おいていかれてる」気持ちになるって
連絡がありました。

「お見合して3か月・・・どんどん話が進んでいくことにちょっと自分がおいていかれている感じ」

7921e4796c869ab38b25e60b0a5eb965_s[1]
女性が、結婚の話が進む時に訪れる、不安です。
彼との交際が、とか、彼のどこかが・・・ではなく、
漠然としたこれから先のことに、女性は不安を覚えることがあります。

それは、こんな風に「結婚」が現実に見え始めた時。

例えば、
彼の両親への紹介の日取りが決まる
自分の親へ彼を紹介するタイミングをみる
あるいは、
ご両家お顔合わせについて二人で考え始める

などなど。
結婚するために婚活をスタートさせるのですが、
それでも、具体期になればブルーになるものです。

これが、マリッジブルーのはじまりです。
女性は多かれ少なかれこの時期を迎えます。

婚活とさよならできてることの嬉しさのはずが、なぜか不安と心配が頭や心を埋め尽くす。

この時に、出番なのが、「未来のパートナー」です。
ここは、彼女の心の不安定さをサポートしながら、結婚のお話をリードして進めてほしいと感じます。

一緒に止まったり、あるいは、一人暴走せず、「二人の結婚を一緒に考えていこう」と背中を少し押してあげてください。
そうすることで、不安ながらも女性は前へ歩をすすめるものなのです。

マリッジブルーは、結婚したくない訳ではありません。
ただ、見えない未来に不安と心配で心がいっぱいになっているだけなのです。

この支えが、夫婦になった時大きな信頼となって二人をつないでいく。

「結婚」を意識した時から、すでに、二人の共同作業は始まっているようです。


d1306e043313fa6c7559d0504aacf8cd_s[1]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マリッジマネジメントセンター 自念(じねん)

Author:マリッジマネジメントセンター 自念(じねん)
神戸で15年 単なる結婚相手の紹介だけでなく会員の幸せな家庭生活をサポート。成婚率は、70%超え(総退会数/結婚退会会員数)
人生を一緒に歩こうと決めたその日からの必要なステップを個別にコンサルいたします。

神戸市中央区江戸町101 三共生興スカイビル208
電話 078-327-5537

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

じねんのつぶやき
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。